アパート インターネット

アパートでインターネットをするには?

引っ越しを機会にアパートでインターネットをしたい、パソコンはあるけどインターネットへのつなぎ方がわからない、インターネットが使えると聞いて今のアパートに住み始めたけど、どうしたらいいかわからない、電話線が無いけど使いたい、そういった方のために安くて、簡単に使える方法をいくつかご提案していきます。自分にあったものを選んでみてください。

 

ステップ・バイ・ステップで次の順番でご覧いただくとわかりやすいかと思います。

  1. まず必要なものをチェックしましょう
  2. インターネットに接続するための工事の要不要のこと
  3. インターネットに接続する方法を選択する(無線、有線)
  4. ワイマックス、イーモバイル、NTTフレッツ光を比較
  5. アパートでインターネットをする上で個人的に重要だと思うこと

 

必要なものをチェックしましょう 〜 アパートでインターネットをする方法

まず、ネットに接続するということで接続するためのパソコンを持っていないといけません。最近はタブレットPC、iPad、スマートホン、ゲーム機のWii、3DS、PS3のほか、ネット対応テレビでもインターネットに接続することができるようになっています。ここでは一般的なパソコン、ノートパソコンを持ってる方向けに説明を続けていきますね。

 

インターネットに接続するってどういうことなのか?

理解を深めていただきたいので、図で説明しておきますね。つぎのようなイメージでアパートでもインターネットに接続できるようになるんです。(基本的にはアパートじゃなくて一軒家でもマンションでも同じ仕組です)

 

 

図を見ていただくと、パソコンの他に何が必要なのかというと「NTTによる工事」と、「インターネット接続会社との契約」が必要になってきます。そして「インターネット接続機器」は基本的には接続会社から購入するかレンタルすることになります。  ※インターネット接続会社のことをプロバイダと呼びますので覚えて置いてください

 

 

アパートによってはインターネット導入済みというアパートもあります。これはNTTの工事まで完了していますよ、という意味です。不動産屋との契約のときに確認できますし、入居後にパンフレットが渡される場合もあります。しかしインターネット導入済となっていてもスグ使えるわけではありませんのでご注意を。この場合も個別にプロバイダとの契約が必要になります。不動産からプロバイダのパンフレットなどが手渡されてると思いますので、そこのプロバイダに電話してネットを使う旨を申し出、契約書類を書いて郵送、などの手続きが必要になります。通常、プロバイダは自分好みの会社を選択出来るのですが、この場合は決められたプロバイダを利用することになってしまいます。

 

他にはアパートにCATV導入済という物件もありますね。CATVはケーブルテレビのことですが、専用のテレビチャンネルが見れるもので、同時にインターネット接続業者でもあります。プランにもよりますが月額5、6000円ぐらい、テレビも見たい方にはおすすめですが、ネットができれば良いという方には割高ですね。

 

アパートにインターネットのケーブルを引き込むための工事のこと

パソコンでインターネットに接続するのには、有線(ケーブル)を使って接続するのと、無線(ワイヤレス)で接続するのと2パターンあります。

 

アパートでインターネット導入済となっている物件の場合はすでにアパートの中まで有線ケーブルの工事済となっています。そこからあなたの部屋まで工事が必要になる場合と、そうでない場合があります。(今のアパートだとほとんど工事は要らないと思いますが、稀に古いアパートだと工事が必要になったりして2万円ぐらい負担することになっちゃいます) 

 

ケーブル引き込みの工事が必要になるようなアパートの場合や、工事ができないアパートの場合は、「無線」でインターネットにつなげるほうを選択したほうが良いと思います。すでにインターネット導入済のアパートの場合は上で書いたように不動産屋経由でプロバイダに電話をかけて申し込みするか、別のプロバイダを探して契約するかになります。

 

アパートでインターネットを始める方には無線でインターネットにつなげるというのがお勧めの方法の1つですが、これはNTTは関係なくて、WiMAX(ワイマックス)とか、イーモバイルといったサービスが該当します。詳細は後述します。

 

アパートでインターネットに接続する方法を選択する(無線、有線)

アパートでインターネットに接続することについて使い勝手の面でとても大切なことなので、無線と有線のお話もしておきたいと思います。上で書いた図ですが、物理的なケーブルを使わずに、無線(ワイヤレス)でも実現することができます。この場合はざっくり以下のような図をイメージしてください。

 

 

この場合も「インターネット接続会社との契約」、「インターネット接続機器の購入」が必要になってきます。こちら、「インターネット接続機器」は片手サイズで持ち運びも可能な無線の機器となります。これのメリットとデメリットもご紹介しておきますね。

 

メリットは無線なので、場所を選ばないということです。自宅のどこでパソコンを使ってもインターネットにつながります。自室のデスクやベッドの上でもOKですし、トイレにノートパソコンを持ち込んでもOKです。(笑) さらに外出先にインターネット接続機器とノートパソコンを持ち歩いてもネットにつなげることができちゃいます。工事も不要なので工事費をとられることもありません。

 

デメリットは無線の電波圏内じゃないとネットにつながらないということですね。これは自宅のアパートがインターネットの無線の圏内なのかそうでないのかを事前にチェックしてから契約すればOKです。いまだと日本人口の97%以上をカバーしているのでよほどの田舎じゃない限りは問題無いと思います。しかし通信速度が遅いエリアがあるという欠点もあります。ネット動画の閲覧となると厳しいかもしれません。メールやネットで調べ物をするぐらいならなんら問題ありません。

 

まとめると

 

  • 無線でインターネットに接続する

     メリット → 工事不要。外出先でもネットができる。アパート退去のときにプロバイダ解約が不要、次の新居へ持ち運び可能
     デメリット → 通信速度が早い地域と、遅くなってしまう地域がある

  • 有線でインターネットに接続する

     メリット  → 通信速度が早い。
     デメリット → 工事が必要になる場合がある(2万5千円)。 持ち運びはできない

 

 

ちょっとここまでは丁寧にお伝えしてきたつもりなのですが、パソコン初心者のかたには難しいかもしれないので下記にフローチャートを作っておきますね。参考にして、アパートに導入済のインターネット接続会社を使うか、NTTを使うか、ワイマックスか、イーモバイルか選択してみてください。

 

こんな場合は こうしよう!
アパートにインターネット導入済となっていて、月額料金も満足 →不動産屋に確認して、そのままプロバイダ契約をしちゃいましょう。有線になります。
アパートにインターネット導入済みとなっていない

アパートにインターネット導入済となっているけど、月額料金が高い
家の中だけでなく外出先でもノートパソコンを持ち運びしてインターネットにつなぎたい

→ワイマックスか、イーモバイルを使いましょう。これは無線になります。

アパートにインターネット導入済となっていない
ワイマックスやイーモバイルのエリアに入っていない
NTTフレッツ光のエリアに入っている
家族でパソコン何台かでインターネットを使う予定

→NTTフレッツ光を使いましょう。これは有線ですね。工事が必要です。

 

 

アパートでインターネットに接続する!ワイマックス、イーモバイル、NTTフレッツ光を比較

前の章で、アパートでインターネットに接続する方向性が見えてきたと思います。つまり、WiMAX(ワイマックス)を使うか、イーモバイルを使うか、NTTフレッツ光を使うかの3択です! (実は他にもADSLや、ケーブルテレビといった選択肢があるのですが、今どきあまり現実的ではないので今回はご紹介しません)

 

気になるお値段、通信速度、その他を比較

まずはお値段についてですが、プロバイダによって月額プランや年払いプラン、キャンペーンなどがあり一概に比較が難しいのですが、インターネット歴16年の僕が一般的な人の使い方をした時の金額で比較してみました。通信速度はNTTのほうが早くスムーズにインターネットが出来るのは当然ですが、ワイマックス/イーモバイルのほうも技術が進歩してきていてNTTと変わらない通信速度がでるようになってきました。

 

サービス名称→ WiMAX ワイマックス イーモバイル NTTフレッツ光

サービスを提供している会社 auグループの、UQコミュニケーションズ イーモバイル NTT
インターネット接続会社(プロバイダ)について WiMAXを使う場合は、プロバイダと契約をすればよい。UQコミュニケーションズとは契約しなくてもよい。主なプロバイダはビッグローブ、ニフティ、GMOとくとくBBなどがある。プロバイダによってインターネット接続機器無料や、初月利用料無料などのキャンペーンを実施しているので、プロバイダは選んだほうがお得。 イーモバイルと契約をする。キャンペーン等はとくに実施していない様子。 NTTフレッツ光の契約の他に、プロバイダとの契約が必要。プロバイダはニフティ、ビッグローブ、OCN、ソネットなど老舗がある。
料金

初期手数料    ¥3,150
毎月の利用料金 ¥3,880

初期手数料    ¥3,150
毎月の利用料金 ¥3,880

工事費(必要な場合) ¥25,200
毎月の利用料金 ¥2205〜¥5,460となっているが、実質¥5,000程度になるはず

通信速度 地域によって2段階の通信速度がある。都市部は早く速度110Mbspという高スピード。インターネット動画を閲覧するのも問題ない。地方にいくと40Mbpsとなり、動画閲覧も問題ない。 地域によって3段階の通信速度がある。早い所だと110Mbps。WiMAX同様のスピード。地方にいくにつれて21Mbpsと遅くなる。動画閲覧は厳しいがインターネットをする分には問題ない。 200Mbpsと100Mbpsとが選択できる。有線なので通信が安定しているし速度も高速。インターネット動画を見るのも問題ない。
その他 今のところ110Mbpsの高速通信ができるのは東京23区近辺のみ。2014年3月末には主要都市(東京、大阪、名古屋)まで高速通信ができるようになる。イーモバイルのような通信量の制限が無いのが嬉しい。 毎月の通信量が制限されるデメリットがある。インターネットを一定時間使うとその月の通信速度がかなり遅くなってしまう。たとえばyoutubeで4時間分の動画を閲覧すると、その月はもう見れなくなるといってもいい。 アパートにインターネットが導入済であれば、そちらで契約してしまうので、あまりNTTフレッツ光を契約することはないかもしれない。
使えるようになるまで 契約して、インターネット接続機器が手元に来たらすぐ使える 契約して、インターネット接続機器が手元に来たらすぐ使える 工事が完了してれば早い。工事が必要だと2週間程度かかる。

 

その他、アパートでインターネットをする上で個人的に重要だと思うこと

いままで色んな通信サービスを使ってきました。ADSLという古い時代もありましたけど、イーモバイル、WiMAX、光インターネットとそれぞれ経験しています。アパートを契約して最初に考えるのがインターネットをどうするかという事でした。

 

あるときはインターネット導入済アパートだったために、そのまま不動産屋経由でプロバイダに電話して契約書を書いて締結、アパートのコンセントの横に出ているジャックにLANケーブルを差し込んでインターネットに接続もしましたし、インターネット導入済ではないアパートの場合はイーモバイルや、WiMAXを使ってネットにつないだりしました。しかし実はいままでNTTフレッツ光を導入したことがありません。理由は月額料金が高くなるから、ただそれだけです。一戸建て住宅で家族と一緒にネットを使う事がある場合はNTTフレッツ光をおすすめしますが、単身者でアパート生活ともなれば、そこまでする必要はないと思います。

 

何度も書いてますが、「外出先でネットを使う予定が無い方」、「インターネット導入済アパート」の方なら、そのまま不動産屋に相談してください。そうでない場合はWiMAXかイーモバイルを使うようにしましょう。どちらかといえば僕的にはWiMAXのほうが良いと思います。(WiMAXのまわしものじゃありませんが)。通信量の制限がないので。

 

それに2014年にはまた一段階スピードが早くなる予定になってますから。もちろんデメリットもあるのでそこも勘案して。まずは自宅のアパートがWiMAXが使えるエリア圏内に入っているかチェックしてみてください。→http://www.uqwimax.jp/service/area/ 色がついていればエリア内なのでWiMAX使えます。あとはプロバイダを選択して申し込みするだけです。

 

 

アパートでインターネットを使う、おすすめのWiMAXの申し込みをしよう

WiMAXの場合、UQコミュニケーションズという会社がインターネットを提供しているのですが、何社かのプロバイダ会社がUQの回線を借りてプロバイダ事業を展開しているという格好です。

 

なのでどこのプロバイダで契約しても無線のエリアや通信品質は変わりません。わたしたちはWiMAXプロバイダ会社を選択して申し込むダケということになります。前章で自宅アパートがWiMAXのエリアに入ってれば問題ないので、検討をしてみましょう。

 

 

いまだとWiMAXがパワーアップしたWiMAX2+というのが出ています。どのプロバイダで契約したら良いか、お得なプロバイダ情報に関して詳しく知りたい方はこちらのサイトがとても参考になると思います。
WiMAX2プロバイダ調査隊